スポンサードリンク

【海外旅行でのおすすめ服装プラン】季節や温度差を考えてコーディネートを

Clothes2みなさんは、なぜ風邪をひいてしまうのか知っていますか?
「寒いから!!」って思われた方も多いと思いますが、寒いだけでは風邪はひきません。(もちろん、真冬に裸で外に何時間もいれば別ですが)
寒さだけだったら、寒い地域で住んでいる人はみんな風邪ひいていますよね。

実は、風邪をひく理由は1日の寒暖の差です。
1日の最低気温と最高気温の差が激しいと、体はその変化についていけず、また防御の手段が遅れてしまい結果的に風をひてしまうことになります。

旅先で服装に迷わない智恵

あれもこれもと、旅の持ち物の中で一番迷うのが服装選び。目的地の気候に合わせるのはもちろん、かさばらない、しわになりにくい、色々なシーンで応用が利くなど、無駄のない選び方をしたいもの。下記のポイントを参考にして上手な失敗しない服装選びをしてください。

気候に合わせる

渡航先の気温ではなく、一日の気温差に最も気をつけてください。熱帯地方の冷房対策も必要です。厚手のものよりは、薄いものを重ね着できるように心がけてください。
扱いやすい素材
カジュアルにもシックにもきめたいなど海外旅行に適しているのが、ポリエステルやレーヨン素材のもの。さまざまな加工がされていてパンツからワンピースまでデザインも豊富です。

スーツケースにくるくる丸めて入れておいてもシワにならず、コンパクトに持ち運べて、夜に洗っておけば、朝には乾いているという扱いやすさ。おすすめです。

少ない服で着まわしを

いろいろな組み合わせができてどんな場面でも浮かない格好がベストですよね。着回しできれば、荷物も減らせます。着回ししやすい服選びのコツは、同系色でまとめることです。黒で統一するとか、茶・ベージュ系でまとめるなど、基本カラーを決めてそれにそってトップとボトムを選ぶのです。また、トップのアイテム数を多くすると同じ服を着ていると思われにくいです。

ジーンズは海外旅行には向かない

海外旅行にジーンズをはいていかれる方をよく見かけますが、ジーンズは洗いにくいのと乾きにくいのであまりおすすめしません。男性の方なら、ジーンズより綿パンのほうが、乾きやすいし色々な場所でも合わせやすいです。

スカーフはおすすめアイテムです

スカーフは1枚あると重宝します。ワンピースの上にプラスするとドレスアップした雰囲気になるし、肌寒いときなどはカーデガン代わり、イスラム圏では、髪の毛をスカーフで隠せるし、ビーチリゾートでは水着の上から巻けば、水着では入れないレストランにも利用できます。

今回は、男性のわたしではアドバイスできないような事を友人のベテラン添乗員さんに教えてもらいました。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ