スポンサードリンク

海外旅行中に病気や怪我をした場合の治療費や医療費の対応について

hospital2-ok

海外旅行での滞在時、運悪く病気になってしまったり怪我をしてしまった場合には、ツアーなどに参加している場合なら添乗員に伝えるのが最優先ですが、個人旅行の場合はホテルで病院を紹介してもらったり、医者を呼んでもらったりします。
緊急の場合、救急車を呼んでもらう必要もありますが、非常に有料で高くつきます。

海外では薬局で薬を購入するとなると、医者の処方箋が必要になってくるため、日本から普段使用する最低限の常備薬などを持参しておくといざという時に助かります。

そこで、やっぱり加入しておくべきだと強く進めたいのが海外旅行傷害保険の加入です。

海外旅行傷害保険
海外での病気・怪我の治療には高い医療費がかかります。
保険に入っていれば治療などの費用を賄えるサービスもあります。

保険金の請求については、帰国後でも現地でも可能です。保険会社指定の病院ならば、キャッシュレスで治療を受けられる所もあります。

疫病治療に加入していると・・
診察・薬・検査・医者の往診時のタクシー代やさらには日本に帰国後の診療代なども保険で賄えます。
その際には必ず診断書を書いてもらいます。

海外に来る前からかかっていた病気などは不可。また持病・妊娠・歯痛なども保険はおりません。加入している保険会社に確認しましょう

潜伏期間のある病気などにかかってしまった場合、日本に帰国後に症状が出る事もあります。伝染病などに感染してしまう場合もあるので、帰国してから少しの期間で、熱や発疹が出たような場合には、専門の医者に見てもらったほうが安心です。

例えば、ニューヨークで盲腸の手術をするだけで、300万とも400万とも言われています。そんなお金払えるわけないですよね。
だから本当に保険には加入しておいてくださいね。

そしてそれぞれ保険金の請求に関して、必要な書類が異なります。詳しくはスチエーションによって詳しく書きましたので、→海外旅行傷害保険の保険金を受け取るための必要書類についてを参考にしてください。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ