スポンサードリンク

【海外旅行で写真撮影】スマホで劇的にかっこいい写真が撮れるようになるコツ

photo2

海外旅行で楽しみの一つが、写真撮影だと思います。
綺麗な風景を撮って、FacebookやTwitterなどのSNSに投稿したり、家族や友人にメールしたりする方が多いと思います。

デジタルカメラの普及で、気軽に何枚でも失敗を心配することなく撮影できるようになり、素人でも写真を撮ったり、ブログなどで人に見せたりする機会が増えました。

外国のサイトですが、ちょっとしたテクニックひとつで、写真が劇的によくなる25のテクニックを紹介していました。これらのテクニックを試して、ワンランク上の写真撮影を目指してみるのもいいのでは?

このサイトを見ていただいて、まずテクニックが書かれてあり、そのあとに悪い例、いい例の写真が載っています。

サイトは英語なのでわかりにくいと思います。訳しておきますから、写真の右上についている番号で確認ください。

→ 25 Ways of How to Improve Your Photos (50 pics)

1. 太陽の撮影は望遠レンズを使う。
Bad(悪い例)写真1
Better(良い例)写真2

2. 人物写真は望遠レンズを使うか、ズームレンズの望遠側を使おう。
Bad(悪い例)写真3
Better(良い例)写真4

3. 旅行写真にはアクションを入れる。
Bad(悪い例)写真5
Better(良い例)写真6

4. 夜景は日が沈んでから20分後に撮影する。
Bad(悪い例)写真7
Better(良い例)写真8

5. 葉の撮影は色の種類を抑え、メインの被写体をハイライトする。
Bad(悪い例)写真9
Better(良い例)写真10

6. 人を水平に撮るときは足を中心にするのを避ける。
Bad(悪い例)写真11
Better(良い例)写真12

7. 生物のマクロ撮影は植物のレベルまでに近づく。
Bad(悪い例)写真13
Better(良い例)写真14

8. 日常生活の写真は被写体とコミュニケーションをとる。
Bad(悪い例)写真15
Better(良い例)写真16

9. 動くものを撮る場合、被写体を追いながら前方にスペースを空ける。
Bad(悪い例)写真17
Better(良い例)写真18

10.カラフルな質感を撮るときは、写真の中心になるものを置く
Bad(悪い例)写真19
Better(良い例)写真20

11.花の写真は低い位置から空も入れる。
Bad(悪い例)写真21
Better(良い例)写真22

12.ストリートの写真は連射を利用する。
Bad(悪い例)写真23
Better(良い例)写真24

13.子供たちの写真は近づいて子供の高さになる。
Bad(悪い例)写真25
Better(良い例)写真26

14.都会の風景は午後の晴れた日に撮る。
Bad(悪い例)写真27
Better(良い例)写真28

15.空が明るいときは前景に何かを入れ、写真の上部(空の部分)を切り取る。
Bad(悪い例)写真29
Better(良い例)写真30

16.働く人の写真は、見物者も一緒に撮る。
Bad(悪い例)写真31
Better(良い例)写真32

17.朝露や水のしずくは、マクロレンズを利用してクローズアップする。
Bad(悪い例)写真33
Better(良い例)写真34

18.人物写真は人の頭を中央にしない。レンズを開けて背景をぼかし、背景と被写体の距離をとる。
Bad(悪い例)写真35
Better(良い例)写真36

19.ディテール(小さな詳細)が入った風景は絞って被写界震度を深くし、写真の中に枠を作って収める。
Bad(悪い例)写真37
Better(良い例)写真38

20.水平線の写真は、ずれたりぶれてはいけない。
Bad(悪い例)写真39
Better(良い例)写真40

21.写真の縦横比は自分が語りたいストーリーを土台とする。
Bad(悪い例)写真41
Better(良い例)写真42

22.背景が暗く、被写体が明るいときは、手動で露出を-1.0にして暗くする。
Bad(悪い例)写真43
Better(良い例)写真44

23.報道写真は出来るだけ被写体に近づき、いろんなアングルを撮る。
Bad(悪い例)写真45
Better(良い例)写真46

24.動物園では檻や周りのものを隠し、角度を変える。
Bad(悪い例)写真47
Better(良い例)写真48

25.建物の写真は建物が垂直になるようにし、カメラをしっかり構える。
Bad(悪い例)写真49
Better(良い例)写真50

海外旅行に行く前に、よかったら参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ