スポンサードリンク

国際線の機内持ち込み手荷物と受託手荷物には注意しよう

nimotsu2

海外旅行に行く時に荷物をどのように持っていくか、が悩むところだと思います。
特に機内に持って入る荷物は、何を入れておけば機内で快適に過ごせるか!など悩んでしまうと思います。

ただ規定も厳しく航空会社のページでよくチェックする必要があります。

機内持ち込み手荷物とは

言葉通り機内に持って入ることのできる荷物のことです。
最近はテロ防止のために、機内持ち込み手荷物に関しては特に厳しくなっています。

搭乗するクラスによって重さは違ってきますが、大きさは決められています。
よく確認してくださいね。

出発当日、機内持ち込み手荷物チェックで急にバタバタしたり、それだけではなく捨てたりしなければならなくなってしまったりしないように、前もって調べておきましょう。

受託手荷物とは

受託手荷物とは簡単にいえば、機内に預ける荷物。だから一度預けてしまうと、機内では見ることも触ることもできません。

受託手荷物に関しても、目的地によって荷物の重量や大きさ、個数などが異なってきますので注意が必要です。
また→スポーツ用品や楽器など特別な荷物のことについても書かれています。

超過手荷物料金とは

搭乗クラスにより荷物の重量が決められています。この重量を超えると、持っていくことはできますが、かなり高額の追加料金を請求されますので本当に注意してくださいね

大韓航空のホームページは荷物のことについてはかなり詳しく書かれています。
→  無料手荷物許容量について

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ