海外ウエディングの式場のバリエーションとスタイル

イタリアのローマやフランスのパリなど、ヨーロッパでの海外ウエディングの魅力は、歴史と芸術のなかでの趣のあるチャペルや古城でのウエディングですよね。一方、南国のリゾート、たとえば、インド洋のモルディブや南太平洋のタヒチでのウエディングは、その青く、透き通る海での水上コテージでのウエディングでしょうか?

スポンサードリンク

海外ウエディングプランのまず一歩は、式場のタイプを選ぶことから始まります。
どのようなことに重きをおくかで挙式の方法も変わってきますね♪


式場のバリエーション
☆教会
教会はあくまで信者のための施設です。厳粛なムードのなかで行われる挙式は、格調高いものとなるでしょう。

☆チャペル
チャペルというのは、ホテルや地域にあるプライベートな礼拝堂のことです。そのため立地条件が良いところが多く、パーティ会場もそなえているところもあり、挙式後のプランも楽しみですね。

☆古城
ヨーロッパでの海外ウエディングで魅力のひとつとなっているタイプです。豪華な広間を借りてのエレガントな挙式となります。伝統のある広い庭、歴史的で芸術性に溢れた調度品の数々が格調高い挙式を演出してくれるでしょう。

☆ホテル
ホテルの敷地内のガーデンなどでの挙式が主流です。宿泊したお部屋で着付けやメイクアップをし、そのまま挙式、パーティ・・・とすべてを一箇所で行えるのが魅力です。

☆クルーズ
クルージングを楽しみながらの海外ウエディングも、また一味違った魅力です。船のキャプテンが進行役となり、人前式の挙式となります。


海外挙式のスタイルには次の3つがあります

☆リーガル挙式
フォーマル挙式とも呼ばれます。日本の戸籍に記録が残る、正式な挙式です。つまり、日本での入籍をしていないことが条件となります。現地で結婚登録を行うことから、到着日から挙式日までの日程的な余裕が必要です。

☆祝福式
ブレッシング(=祝福)式とも呼ばれます。お二人の結婚をお祝いするという形でのインフォーマルな挙式です。戸籍には記録は残りません。「結婚証明書」を発行し、思い出に残る形にしてくれる場合が多いようです(法的力はありません)。タヒチなどでのリゾートウエディングなど、海外ウエディングの大半がこのタイプです。日本を発つ前に入籍が必要です。

☆人前式
クルージングを楽しみながらの開場結婚式はこのタイプです。船のキャプテンなどが立会い、進行役を務めます。宗教に関係なく、立会人に結婚の先生を見届けてもらいます。自由な挙式スタイルが魅力です。


どうでしょうか?
あなたにぴったりな挙式の方法、スタイルは見つかりましたか?
ぜひ、あなたらしい挙式をぜひあげてください。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

海外ウエディングについて
海外でウエディングを希望されている方が急激に増えてきました。 昔は芸能人がハワイ......
さまざまな地での海外ウエディング
最近、人気急上昇中の海外ウエディングですが、やはり根強い人気なのはハワイやグアム......
タヒチ以外にも、リゾートウエディングのいろいろ
どこまでも青い海と燦燦と降り注ぐ太陽のもとでのリゾートウエディングは人気の的です......
旅行会社のウエディング説明会、海外挙式相談会に参加しよう
自分たちの希望が具体的になってきたら、旅行会社などが主催している説明会に参加して......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

海外挙式をタヒチで:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://910travel.net/tahitiwedding/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

ワキガ治療